About

略歴:
Michinori Onda/恩田倫孝(旧小野)
※高校生の時に名字が変わりました。

1987年8月26日生まれ。1987年と言いますと、俵万智さんのサラダ記念日が発売された年です。

新潟出身。慶応大学理工学部卒業。商社入社後、2年4ヶ月で退社。現在、世界一周団体TABIPPOのイベント、旅大学の学長を行う。コミュニティマネージメントも統括。

男子13人のシェアハウス「恵比寿ハウス」にて5年近く過ごしていたので、共同生活は好きです。

旅をする事、本を読む事、お酒を飲む事が好きです。
影響を受けた作家は、小林秀雄、村上春樹、ランボー、糸井重里、北方謙三。
音楽は、もっぱら小室ファミリーを聞いております。

好きな本や、音楽をずっと聞き続けてしまう人間です。

トークライブ受付ます。
ライター業務、受付ます。
旅をする事が好きです。

<徒然なるままに>

目の前に見える湖は、どこまで広がっているか等は、僕には分からない。
僕が投げる一石で、波紋は音もなく、伝わっていくのが見えるだけで、
少しの興奮を覚える。

旅に出る理由なんて、いくら探しても無く、
考えるだけ無駄なのかもしれない。

理由なんて、他人を納得させるための道具でしかない。

出国前には、東京の恵比寿駅で男9人でシェアハウスをしておりました。
下記恵比寿のフォトスタジオで撮った家族写真
※上段右から3番目が僕です。
th_IMG_9557

はい。シェアハウスでは人間的な学びが非常に多く、僕はとても好きです。
孤独である事も大切であると思いますが、友達と深い所まで知り合い暮らす事は、友のためにも
自分のためにもなると思っております。

人生は、有限というと使い古されたような言葉で若者の僕が言うとチープに感じますが、
最近、親族の寿命がもう直ぐという事を目の当たりに、新潟から東京への新幹線内で涙しながら、
感じました。 終わりってあるんだなって。

どんな人でも自分の人生をどうやって使おう?って考えると思うんです。
そして、同時に自分はどうありたいかって。
多分、生涯のテーマなんですね。

自分の大切な人。
友達。
そして、その友達。

多くの大切な人を作り、多くの友達を作り、
多くの楽しみを生んで行こうと思っております。

旅とコミュニティと表現をテーマに今後を生きます。
まだ、概念的なお話ですが、詳細決まれば、具体的に書きたいと思います。

なんだか、固い文章になってしまいました。
実際に話すとこんな印象ではないのですが、文章を書いていると
何か違う世界に引き込まれてしまうのです。

どこかでお会いできる事を。

Michinori Onda


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です